蕁麻疹の治療

蕁麻疹治療

蕁麻疹の治療についてご説明させていただきます。
蕁麻疹は何らかの刺激で、皮膚からヒスタミンなどの「カユミを引き起こす物質」が出てくるのが原因です。「カユイ」から掻く、掻くとヒスタミンが出るという悪循環になってしまいます。悪の張本人「ヒスタミン」を出させる原因によって以下のような種類があります。

蕁麻疹の種類

  • 花粉、ダニ、食べ物などによる -アレルギー性蕁麻疹
  • 子供に多い魚、卵、牛乳などによる -食事性蕁麻疹
  • 風呂上りなどの温度差で出る -温熱蕁麻疹
  • 日光による -日光性蕁麻疹
  • 掻いたところがミミズ腫れになる -物理的蕁麻疹 などの種類があります。

急性蕁麻疹

食べ物が原因の事が多いです。食事後30分~数時間で出て来て半日で消えます。何日も続くときはカゼなどの病気による事が多いです。

治療法

  • (1)内服
    抗ヒスタミン薬をお飲みください。
  • (2)外用
    ステロイド軟膏を短期間使用します。
  • (3)点滴
    強力ミノファーゲンC(非ステロイド抗ヒスタミン薬)を点滴します。早く治ります。

慢性蕁麻疹

急性蕁麻疹が慢性化し数ヶ月、時には何年も治療にかかることもあります。

  • 治療法
    内服、外用、点滴は急性蕁麻疹と同じです。
  • 血液検査
    何回も繰り返す場合は原因を調べるためにアレルギーの血液検査を行ないます。

日常生活の注意点

  • 蕁麻疹体質の方はシャンプーなどにかぶれやすいので注意して下さい。
  • ストレスが関係しますので、十分に睡眠を取る様に。
  • 強い日光や刺激物は蕁麻疹の増悪因子ですので避けて下さい。
  • 入浴の制限はありませんが、強く擦らないで下さい。
  • 痒いところはタオルなどで冷やして下さい。強く掻くとカユミが増悪して悪循環になってしまいます。

肌の状態によっては蕁麻疹を治す薬にかぶれることがあります。この際は使用を中止してご連絡下さい。