アザのレーザー治療

皮膚の色素沈着治療

レーザー治療(ルビーレーザーによる)で治療します。ルビーレーザーは黒~茶色までの皮膚疾患に著効です。
形成外科領域で保険適応のあるルビーレーザー治療は、

  • 太田母斑
  • 外傷性刺青
  • 異所性蒙古斑
  • 扁平母斑

などです。それぞれの疾患についてご説明します。

太田母斑

母斑とはアザのことです。太田母斑は顔、特に目の周りにある、青っぽい褐色班です。思春期から目立つようになります。
肝班がよく似ていますが、治療法は違います。レーザー治療は、逆に肝班が濃くなります。(詳しくはシミ治療をご参照下さい。)

外傷性刺青

ケガの跡が青く、刺青状態になることです。

異所性蒙古斑

蒙古斑は新生児の臀部にみられる青アザです。同じような青アザが臀部以外にあることがあります。普通は、10歳前後で消えますが、長く残る場合があります。

扁平母斑

薄い茶色の母斑です。
当院はQスイッチ付きルビーレーザー(ジェイメック社製 The Ruby Z1)を使用しています。

治療回数の目安

太田母斑 4~5回
外傷性刺青 5~6回
異所性蒙古斑 3~4回
扁平母斑 2~3回

以上、治療回数の目安です。個人差や色素沈着の程度によります。

ルビーレーザーによる治療の実際

  • 最初に、最適出力を調べます。
    表面麻酔を行ないますので痛みは軽度です。
  • 2週間後に最適出力を判定し、表面麻酔後にルビーレーザーを照射します。
  • 2~3日で黒いカサブタになります。洗っていると自然に落ち、10日前後で皮膚が乾燥します。
  • しばらく赤みを伴います。
  • 1回で薄くなります。目立たなくなるには数回のレーザー治療がが必要です。
  • 照射間隔は3ヶ月に1回です。

費用(税込み)

保険適応です。
施術代+薬代を含めて(3割負担の場合)1回 約1万円です。

形成外科レーザー治療のQ&Aはこちら