美肌造りの補助

ピーリング

美肌造りの基本はオーロラ光治療です。補助として、ピーリングや超音波イオン導入などがあります。
肌は表皮の浅いところで新しい細胞を造っています。(肌の新陳代謝)これらが、徐々に上にあがり最後は垢になります。
しかし、すべてが垢になるのでなく少し残ります。これが、余分な角質層でクスミや肌荒れの原因になります。
この余分な角質層とお肌の汚れを取るのがピーリングです。

当院のピーリングはお肌に優しく効果的なシルクピールを行なっています。

シルクピール

ダイアモンドでピーリングを行ないながら皮膚の上層にエッセンスを供給する新しいピーリング法です。(ウエット・ピーリング)エッセンスの効果でお肌がシットリ潤います。
ピーリングをしながら「キレイ」を届ける。それがウエットピーリングです。

エッセンスについて

  • 乾燥肌の方は、ヒアルロン酸やアミノ酸などで保湿を中心に行ないます。
  • シミ、クスミが強い方にはビタミンCなどで美白を中心に行ないます。

この様に、お肌の状態でエッセンスを使い分けています。
痛みはほとんどなく、心地良いです。

ピーリングの実際

  • 洗顔をして頂きます。洗顔用品はありますので、化粧品だけお持ち下さい。
  • ピーリングを行ないます。
  • お顔を10分間、冷やして終了。

一般的なケミカルピーリングとの違い:ケミカルピーリングは薬剤を用いて邪魔な角質層を除去するピーリング法です。お顔の皮膚は場所によって厚みや強さが違います。目の下の皮膚は薄く弱いです。薬剤を用いるケミカルピーリングでは、薬の強さを目の下の皮膚に合わせなければなりません。ですから、シッカリとピーリングをしたい頬や鼻では効果が低いです。シルクピールは目で確認しながらダイヤモンドヘッドでマイルドにピーリングを行います。お肌の場所に合った最適なピーリングが可能です。このようにお肌の状態を確認しながら行う最適なピーリング治療法です。

費用(税込み)

シルクピーリング       1回 8,640円

シルクピーリングのQ&Aはこちら

超音波イオン導入

オーロラやピーリングでお肌を美しくして、仕上げに超音波イオン導入でお肌に栄養を補給します。

具体的には

  • 洗顔して頂きます。
  • アルファヒドロキシ酸でマイルドなピーリングを行います。お肌に確実に栄養を導入できます。
  • 有効成分をイオン+超音波導入でお肌の奥深くまで導入。 お肌の生まれ変わりを促進します。

有効成分

  • ビタミンC
    メラニン生成の抑制、コラーゲン、エラスチンの生成を促進。特に、美白効果が高いです。
  • プラセンタエキス
    コハク酸脱水素酵素系の活性を高めて新陳代謝を活発に。肌のハリが戻りキメも細かくなります。美肌効果が非常に高い医薬品です。
  • オーロラなどの他の美肌治療と併用するとより効果的です。

二つの栄養補給,シルクピールと超音波イオン導入の違いについて: 美肌づくりに栄養補給はとても大切です。シルクピールは皮膚の浅いところに栄養補給します。しかも、角質層除去が可能ですので若い方はシルクピールで十分です。一方、超音波イオン導入は肌の深部まで栄養補給ができます。加齢変化で深いところまで栄養補給が必要な方には最適な栄養補給です。

費用(税込み)

超音波イオン導入 8,640円

超音波イオン導入のQ&Aはこちら

内服

元来、人間にはシミ(皮膚の下層に落ちたメラニン色素)を排除する力があります。
加齢などのために、この力が低下します。排除力を増強するために、ビタミンCとトランサミン(抗炎症剤)を服用して下さい。

  • ビタミンC
    ストレスに対する抵抗力を増し、メラニンの形成を抑制し肌を白くします。しかも、水溶性ビ タミンなので必要量以上は尿として体から出ます。
  • トランサミン
    肝班にはトランサミンが著効です。この薬は、炎症性病変の原因であるキニンやプラスミンの 産生を抑制します。
    日光などによる炎症反応(シミの大きな原因)を抑えます。

トランサミンはネットなどで検索すると、止血剤と出てきて驚かれる方もおられます。止血作用もありますが、主な作用は抗炎症作用です。

費用(税込み)

内服は保険適応です。1ヶ月で約1,500円です。

プラセンタ美肌治療

プラセンタエキスはお肌の新陳代謝を活発にさせます。新しいお肌に入れ替わり、美肌になります。アンチエイジング効果が高い、若返りの医薬品です。

  • 美肌効果を高めるために2アンプル用いています。
    筋肉注射です。ご希望の方には、細い針を用いて点滴で行います。
  • 美肌効果以外にも肩こり、冷え性、生理痛などにも効果的です。

アンチエイジングとは

若返り、老化防止の意味です。加齢と伴に、全身の機能が低下していきます。これは一つの器官の機能低下ではありません。一つの薬剤によって治療することは難しいです。
プラセンタは多数の生理活性物質が自然のままの状態で混和しているため、全身の器官の機能低下を補う力を持っています。また、細胞増殖因子の作用で新しい細胞を作って老化した身体を細胞レベルで若返らせます。

現在、プラセンターの注射を受けた方は、献血が出来ない制度になっています。
プラセンターは、日本で月間約50万本、欧州でも多数使われていますが、重篤な副作用の報告はありません。ご安心下さい。

費用(税込み)

プラセンタ注射(1回) 2,160円