皮膚の色素沈着治療についてのQ&A

  • HOME
  • Q&A
  • 皮膚の色素沈着治療についてのQ&A

皮膚の色素沈着治療(形成外科レーザー治療)についてのQ&A

痛みは?

表面麻酔クリームを用いますが、少しチクリとします。照射後の痛みが数日続きます。痛みが強い場合はご連絡ください。

1回で消えますか?

1回では無理です。徐々に薄くなります。数回の照射が必要です。

完全に消えますか?

全く見えなくなるまで薄くすることは、困難です。完全に消すことは出来ませんが、目立たなくなります。

レーザー照射部後の経過は?

2~3日で黒いカサブタになります。カサブタが出来ても自然に剥がれるまで無理にはがさないで下さい。洗っていると自然に落ち10日前後で皮膚が乾燥します。しばらく、赤みを伴います。

副作用は?

個人差が大きいですが、レーザー照射による反応性色素沈着(レーザー焼け)が一時的に起こる事があります。この様なことが起こらないように当院では、まず、一部分にレーザー照射しテストをします。安全を確認後に治療を開始します。それでも照射時の体調やお肌の状態で色素沈着をすることがあります。紫外線(日光)に当てたり、擦ったりしないように気をつけていれば数ヶ月後に、自然に回復します。それでもシミが残る場合はシミ治療を行います。

入浴は?

入浴はOK。照射部位は強く擦らないようにしてください。お湯やシャワーでよく洗ってください。洗った後は当院の化膿止め軟膏を2週間塗布してください。

化粧は?

皮膚が乾燥してから行って下さい。

皮膚の色素沈着治療の詳細はこちら

ページの先頭に戻る