乳頭・乳輪についてについてのQ&A

  • HOME
  • Q&A
  • 乳頭・乳輪についてについてのQ&A

乳頭縮小

内出血は?

小さな内出血で、ほんの少し青くなることがあります。約10日で黄色くなってきます。2週間位でこの色も消えてしまいます。また傷口に血液が固まって着くことがあります。この際は無理に固まりを取らないで下さい。自然に取れます。

腫れは?

施術中に腫れ止めの点滴を行ないますが4~5日腫れると思ったほうがよいでしょう。

糸が見えますか?

細い糸を用いますので、あまり目立ちません。

日常生活は?

  • 入浴は温まると腫れの原因になります。3日間はシャワーにして下さい。
  • お酒は入浴と同じように、体が熱くなるほど飲まなければ当日からOKです。

乳首の感覚は?

ほとんどの方は鈍くなりません。稀に、少し鈍くなる方がおられます。そのような方でも、 数ヶ月で感覚は自然に回復します。

術後経過は?

施術後1時間ほど経過観察します。乳頭の循環(血の巡り)確認のためです。その後、乳頭保 護のために保護スポンジかキャップを着けます。
約2週間、使用して頂きます。翌日の検診に来て下さい。再度、循環を確認します。抜糸は、7日目です。

傷は?

乳首をよく見て頂くとわかりますが、表面は少しプツプツしています。ここに傷が入るので、あまり目立ちません。特に、ピンク色の方はほとんど判りません。しかし、色が黒い方は傷が白い線として少し目立ちます。あまり目立たない小さな傷ですが、 傷は傷です。消えることはありません。

授乳への影響は?

乳頭には7~8本の主乳管(母乳を出す管)があります。今後授乳予定のない方では、その主 乳管を数本切って乳頭を縮小します。授乳予定のある方は授乳に影響しないように主乳管をできるだけ温存します。ですから、完全に治せない場合があります。

再発は?

ありません。

副作用は?

傷の影響で固くなることがあります。2週目よりマッサージを始めると自然に柔らかくなります。

アフターケアーは?

腫れが気になる場合は、腫れ止めの点滴を行なっています。ご連絡下さい。
費用は3,240円です。
何か気になることががあれば、ご連絡下さい。

乳頭縮小の詳細はこちら

乳輪縮小

内出血は?

小さな内出血で、ほんの少し青くなることがあります。約10日で黄色くなってきます。2週間位 でこの色も消えてしまいます。また傷口に血液が固まって着くことがあります。この際は無理に固まりを取らないで下さい。自然に取れます。

腫れは?

施術中に腫れ止めの点滴を行ないますが4~5日腫れると思ったほうがよいでしょう。

糸が見えますか?

細い糸を用いますので、あまり目立ちません。

日常生活は?

  • 入浴は温まると腫れの原因になります。3日間はシャワーにして下さい。
  • お酒は入浴と同じように、体が熱くなるほど飲まなければ当日からOKです。

乳首の感覚は?

乳首には影響しません。

乳輪保護は?

乳輪が圧迫されないように、乳輪保護のためにスポンジかキャップで保護します。約2週間、使用 して頂きます。

傷は?

乳首をよく見て頂くとわかりますが、表面は少しプツプツしています。ここに傷が入るので、あま り目立ちません。特に、ピンク色の方はほとんど判りません。しかし、色が黒い方は傷が白い線として少し目立ちます。あまり目立たない小さな傷ですが、傷は 傷です。消えることはありません。

授乳への影響は?

授乳には影響しません。

再発は?

ありません。

副作用は?

傷の影響で固くなることがあります。2週目よりマッサージを始めると自然に柔らかくなります。

アフターケアーは?

腫れが気になる場合は、腫れ止めの点滴を行なっています。ご連絡下さい。
費用は3,240円です。
何か気になることががあれば、ご連絡下さい。