瞼・頬の脂肪注入Q&A

  • HOME
  • Q&A
  • 瞼・頬の脂肪注入Q&A

瞼の脂肪注入Q&A

傷は細い針で注入しますのでわかりません。

腫れ

注入量によって違います。約1週間程度で引きます。当院では術後、数回腫れ止めの点滴をします。

内出血

内出血で青くなることがあります。1週間目の抜糸後はパール系のシャドーを用いると隠せます。青さは約10日でなくなります。

固さは?

瞼が一時的にかたくなります。術後2週目より朝晩、マッサージをして下さい。自然に柔らかくなります。個人差がありますが、3ヶ月ぐらい固さが残る場合もあります。

化粧、入浴は?

翌日から可能です。

洗顔は?

普通に洗顔して頂いても結構です。洗顔後はお出しする薬で消毒して下さい。

瞼の陥凹修整の詳細はこちら

頬の脂肪注入Q&A

日常生活は?

  • 化粧 翌日から可能です。
  • 入浴 温まると腫れの原因になります。3日間はシャワーにして下さい。
  • 洗顔 普通に洗顔して頂いても結構です。洗顔後はお出しする薬で消毒して下さい。
  • お酒 体が熱くなるほど飲まなければ当日からOKです。

化膿?

ほとんどありません。

固さは?

一時的にかたくなります。術後2週目より朝晩、マッサージをして下さい。自然に柔らかくなります。個人差がありますが、3ヶ月ぐらい固さが残る場合もあります。

副作用は?

特にありません。

アフターケアーは?

腫れが気になる場合は、腫れ止めの点滴を行なっています。ご連絡下さい。費用は3、240円です。

再注入は?

注入脂肪が落ち着く半年後に、もう少し希望される場合は再度、脂肪を注入します。

元に戻せますか?

無理です。そのようなことがないように、鏡で確認してもらいながら、陥凹部に脂肪を注入します。 何度も確認して頂きますので、希望の形になります。

脂肪をとった所は?

脂肪を取る部位は普通、臍から取りますので、キズは目立ちません。また、2週目よりマッサージして頂くと目立たなくなります。

同時に脂肪吸引も出来ますか?

瞼に注入する脂肪量は5~10mlと少しです。少しですから、どの部位からでも取れます。同時に脂肪吸引をご希望の場合は、スマートリポを行ないます。(費用はご相談)

頬の陥凹修整の詳細はこちら