目の下のタルミ取り法

  • HOME
  • Q&A
  • 目の下のタルミ取り法

目の下のタルミ取り法

持続期間

タルミ取りを行なうと数年前のスッキリした状態になります。年齢と伴に皮膚が少しずつ弛んでき てタルミが出てきます。再発しているわけではありません。つまり、タルミ取り後は実年齢より、常に数年若い目元でいられると言うことです。 

眼の下の傷は、しばらく赤みがありますが、きれいに治り殆ど目立ちません。赤みのある間は化粧 で隠して下さい。

腫れ、内出血

眼の下は皮膚が非常に薄く、腫れやすいです。また、丁寧に手術を行っていますが内出血で青くな る事があります。
腫れや内出血が目立たなくなるまで約2週間かかります。この間は化粧で隠して下さい。

希望通りになりますか?

片方が終わった時点で見ていただきます。確認後、反対側のタルミ取りを行ないます。施術中に確 認していただきますので、希望通りの目元になれます。
尚、当院では皮膚、その下の眼輪筋、さらにその下の眼窩脂肪と3層でタルミ取りを行ないますので、ご希望に添えると思います。

日常生活は?

  • 1週間はシャワーにして下さい。
  • 1ヶ月間は顔のマッサージはダメです。
  • 体が熱くなるような食事やサウナや激しいスポーツは1週間はダメです。
  • 重労働以外の仕事は、OKです。