シミはなぜできる

2014.10.20

カテゴリー: シミ

日光は植物にも動物にも必要です。しかし日光の中には悪い影響を与えるものも含まれています。たとえば強い紫外線を受けるとDNAにダメージを受けます。このような悪い影響をブロックするためにメラニン色素があります。これの作用を譬えると、雨をよけるため傘をさすように、日光をよけるための小さな黒い傘(メラニン色素の傘)をさします。この傘が多くなった状態が日焼けです。日光の悪い作用をブロックするのに必要です。しかし、冬になり紫外線も少なくなりこの傘が要らなくなれば終いたいのですが、残ることがあります。この残った黒い傘がシミです。

 

芦屋JSクリニック

芦屋市大原町23−1パルティー芦屋4階
電話 0797−31−3131 芦屋JSクリニック
詳しくは http://www.js-clinic.com/をご参照下さい。